今日、本屋に行ったんですけど、昔はこういうの無かったな~って物が2つ有りました。私が気が付かないだけで、本当はもっといっぱい有るんでしょうけど・・・。
1つは、おとなの塗り絵。けっこうたくさんスペースを取っていて、いろんなのが有って、ちょっとびっくり。子供のとどこがちがうかっていうと、けっこう細かい図案で、メルヘンチックなのからおしゃれなのまであるんです。たしかに子供用じゃないですね。昔は塗り絵なんて、子供用しか売ってなかったですよね?
もう1つは、ジャンルになるんですけど、ゲームの世界に飛ばされちゃって~ってヤツです。昔はパソコンもゲームも無かったから、当然そんなお話も無かった訳です。SFのタイムトラベル物とか、夢の国みたいなところに飛ばされちゃうとかの新しいバージョンなのでしょうね。これも私が知らなかっただけかもですが、これがけっこうたくさん作品が出ていて、しかもけっこう売れているみたいです。平積みになってましたし。若い世代にとっては、ゲームも生活の一部になってるからなのでしょうね。